水曜文庫の日記 Tel:054-689-4455

静岡の古本屋、買取と販売をいたします 県内伺いますのでご連絡をお願いいたします 〒420-0839静岡市葵区鷹匠2-1-7つるやビル1F

映画☆おにいさんのシネマ・カフェ Vol.26 「現代映画」ゲスト:赤坂大輔

映画☆おにいさんのシネマ・カフェ Vol.26
「現代映画」ゲスト:赤坂大輔

 2020年3月28日(土)18:30〜20:30

昨年森話社より「フレームの外へ──現代映画のメディア批判」を上梓された赤坂大輔さんに来ていただき、映画☆おにいさんをナヴィゲーターにお話をしていただきます。「フレームの内と外」という本書のアウトラインをお話していただくとのこと、大部な本ですのでその読書のとっかかりになるような、なので本を読了していただかなくても大丈夫との映画☆おにいさんの伝言です。貴重な機会だと思います。映画の好きな方、また批評にこれからこれから取り掛かろうという方、ぜひご参加をお待ちしております。ご参加くださる方はメール(suiyou-bunko@lily.ocn.ne.jp)、電話(054-689-4455)までご連絡をお願いいたします。

詳細は映画☆おにいさんのブログをお読みなっていただければと思います。

gogolatalante.hatenablog.com


以下、赤坂大輔さんのプロフィールを転載します。

 

講師:赤坂太輔
プロフィール:映画批評家・映像論。立教大学講師。
1994年にポルトガル取材後、1997年、1999年にアテネ・フランセ文化センターで開いた「ポルトガル映画講座」を皮切りに、2003年よりシネクラブ&ウェブサイトであるnew century new cinemaを立ち上げ、世界の日本未公開作品や作家の紹介上映活動をおこなう(詳細は http://www.ncncine.com/infoncncine1.html )。またSight&Sound、Derives、La Furia Umana、e-lumiere、desistfilmなど世界各国のオンライン雑誌に寄稿。近年、国内誌では『中央評論』『シネ砦』『ユリイカ』『STUDIO VOICE』などに寄稿。2015年より雑誌『NOBODY』に「メディア批判としての現代映画」連載中。
著書に『ハルトムート・ビトムスキー監督特集』(アテネ・フランセ文化センター、2002)、『マノエル・デ・オリヴェイラと現代ポルトガル映画』(企画および分担執筆、EMブックス、2003)、共著に『映画を撮った35の言葉たち』(フィルムアート社、2017)、『ストローブ=ユイレ──シネマの絶対に向けて』(森話社、2018)がある。

大森望さんトークイベント◆君が「三体」なら、僕は「息吹」

大森望さんトークイベント◆君が「三体」なら、僕は「息吹」

 

3月15日(日)15時より ご参加費1200円 水曜文庫にて

昨年話題をさらったSF小説「三体」。その翻訳をされた大森望さんをお招きしてお話を伺う会をいたします。大森望さんは、たくさんの書評の数々、また数々のブックイベントなどにも出られている方なので、本のお話でしたら幅広くうかがえる方と思いますが、この日のテーマは「三体」について存分にお話をしていただけるとのこと。コーディネートしてくださる鈴木教弘さんも大のSF好きの方なのでさまざま貴重なお話が聞けると思います。もちろんSF初心者の方(私もです)でもこれをきっかけに!ぜひ、皆さまご参集ください!!

詳細は以下FB頁をご覧ください。

 

ご参加の方はメール(suiyou-bunko@lily.ocn.ne.jp)、お電話【054‐689-4455】水曜文庫・市原までお申し込みください。よろしくお願いいたします。

 

 

www.facebook.com

明けましておめでとうございます

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

最初のイベントは1月19日、ご興味の方はぜひご参加お待ちしております!

 

足立紳さんトークイベント ある結婚の風景

 

講座「本を作ること」第8回は、映画の脚本、監督、小説など多方面で活躍する足立紳さんをお迎えします。足立さんは脚本家として「百円の恋」 「こどもしょくどう」、映画監督として「14の夜」、小説家として「弱虫日記」などを手がけ、2019年11月に原作、監督、脚本の「喜劇 愛妻物語」で東京国際映画祭最優秀脚本賞を受賞、さらに2020年1月には脚本執筆の映画「嘘八百 京町ロワイヤル」が公開されるなど、今一番注目される作家です。

本の雑誌」で北上次郎が「ダメ男小説の大本命」と絶賛した最新作「それでも俺は妻としたい」は 主人公のダメっぷりと、妻の豪快で強烈なキレっぷりが冴え渡る作品です。40を過ぎてもなお夢追い人である夫とその才能を信じ続ける妻の、ほぼ実話とされる物語を中心に夫婦、家族の在り方や 情けなくも滑稽な〈オトコの生態〉について、そしてもちろん映画、監督、脚本にまつわる話などなど、足立さんと奥さま(!)のお二人にたっぷりとお話しいただきます。
講師   足立 紳
開催日時 2020年1月19日(日) 15:00 ~ 17:00
場所   水曜文庫 静岡市葵区鷹匠2-1-7
     054-689-4455  
     suiyou-bunko@liliy.ocn.ne.jp

参加費  1200円  
     お申し込みは電話またはメールで水曜文庫まで

講師プロフィール; 足立紳 (あだち しん)
1972年鳥取県生まれ。日本映画学校卒業後、相米慎二監督に師事。助監督、演劇活動を経てシナリオを書き始め、第1回「松田優作賞」受賞作「百円の恋」が2014年映画化される。同作にて、第17回シナリオ作家協会菊島隆三賞」、第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。ほか脚本担当作品として第38回創作テレビドラマ大賞受賞作品「佐知とマユ」(第4回「市川森一脚本賞」受賞)「嘘八百」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」「こどもしょくどう」など多数。『14の夜』で映画監督デビューも果たす。監督、原作、脚本を手がける『喜劇 愛妻物語』が2020年に公開予定、著書に『喜劇 愛妻物語』『14の夜』『弱虫日記』などがある。

f:id:suiyouu-bunko:20191221142315j:plain



 

「日曜読書会」へのお誘い

来年二月より読書会をしようと思います。
水曜文庫では課題図書を読み話し合う読書会は今まで行ったことがなかったので少し緊張しますが、静岡で長く本を作られている編集者の田邊詩野さん、また三島在住の小説家・間宮緑さんにも加わっていただけるので心強いことこの上ないです。

今回課題にする図書はルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』です。寓話というのは間宮緑さんの小説にとって一つの大きなファクターだし、ちょうど市立美術館の展示がルイス・キャロルだという事で皆で話し合い決めました。

以前現在70を過ぎた男の方とお話した際のこと。シュールレアリズムへの興味をうかがっていたときに、彼らの世代のなかではイギリスの古い民衆詩、マザーグースの世界やまたビートルズジョン・レノンのナンセンスな詩の世界)などもいっしょにシュールレアリズムというものを受容していて、当時「思想のパッチワーク」なんて言葉も聞いたことがありますが、そういった意味を宙づりにするようなものへの強烈な愛情を持っていることに思い当たったことがあります。キャロルにそれが通じているのかどうかわかりませんが、そんなことがぼくの興味でしょうか。
とにかくさまざま話し合いましょう。
10人程度で行います。ご参加希望の方は水曜文庫まで、メール(suiyou-bunko@lily.ocn.ne.jp)、電話(0546894455)にてご連絡をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。


2月23日(日)18:00~(3時間程度)
 場所:水曜文庫
 ゲスト:間宮緑さん

選書:『不思議の国のアリス
参加費:1000円
参加人数:10人(上限12人) 

2月6日:読書会お申し込みを締め切らせていただきました。ありがとうございました。

 

間宮 緑(まみや みどり)
1985年生れ。静岡県三島市在住の小説家、たまに農家。
2008年「牢獄詩人」で第22回早稲田文学新人賞(中原昌也氏選考)を受賞後、文芸誌を中心に小説を執筆。
2011年に長篇小説『塔の中の女』(講談社) 刊行。2018年に『九月、東京の路上で』(加藤直樹)をエスペラント語訳した «Septembre, surstrate en Tokio» (ころから)が刊行された。
2019年には「群像」(講談社)9月号に『語り手たち』が掲載された。
旅の雑誌『タビタビ』(静岡新聞社刊)で扉エッセーを連載のほか、散文や書評も書いています。

f:id:suiyouu-bunko:20191225152750j:plain



 

 

年末年始 営業日のお知らせ

年内は30日まで、年が明けてお正月は二日より営業いたします。通常通り月曜日がお休みですが12月30日は営業いたします。

よろしくお願いいたします。

足立紳さんトークイベント ある結婚の風景

講座「本を作ること」第8回は、映画の脚本、監督、小説など多方面で活躍する足立紳さんをお迎えします。足立さんは脚本家として「百円の恋」 「こどもしょくどう」、映画監督として「14の夜」、小説家として「弱虫日記」などを手がけ、2019年11月に原作、監督、脚本の「喜劇 愛妻物語」で東京国際映画祭最優秀脚本賞を受賞、さらに2020年1月には脚本執筆の映画「嘘八百 京町ロワイヤル」が公開されるなど、今一番注目される作家です。

本の雑誌」で北上次郎が「ダメ男小説の大本命」と絶賛した最新作「それでも俺は妻としたい」は 主人公のダメっぷりと、妻の豪快で強烈なキレっぷりが冴え渡る作品です。40を過ぎてもなお夢追い人である夫とその才能を信じ続ける妻の、ほぼ実話とされる物語を中心に夫婦、家族の在り方や 情けなくも滑稽な〈オトコの生態〉について、そしてもちろん映画、監督、脚本にまつわる話などなど、足立さんと奥さま(!)のお二人にたっぷりとお話しいただきます。

講師   足立 紳
開催日時 2020年1月19日(日) 15:00 ~ 17:00
場所   水曜文庫 静岡市葵区鷹匠2-1-7
     054-689-4455  
     suiyou-bunko@liliy.ocn.ne.jp

参加費  1200円  
     お申し込みは電話またはメールで水曜文庫まで

講師プロフィール; 足立紳 (あだち しん)
1972年鳥取県生まれ。日本映画学校卒業後、相米慎二監督に師事。助監督、演劇活動を経てシナリオを書き始め、第1回「松田優作賞」受賞作「百円の恋」が2014年映画化される。同作にて、第17回シナリオ作家協会菊島隆三賞」、第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。ほか脚本担当作品として第38回創作テレビドラマ大賞受賞作品「佐知とマユ」(第4回「市川森一脚本賞」受賞)「嘘八百」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」「こどもしょくどう」など多数。『14の夜』で映画監督デビューも果たす。監督、原作、脚本を手がける『喜劇 愛妻物語』が2020年に公開予定、著書に『喜劇 愛妻物語』『14の夜』『弱虫日記』などがある。

f:id:suiyouu-bunko:20191221142315j:plain

 

ご本の買取について

 ご本を手放すのは簡単なことではありませんが、次の読み手も待っております。お引き取りをしております。お部屋の模様替えからお引越しや遺品のご整理など、どんな本もお引取りをしますのでお気軽にお問合せください。


店頭でのお引き取り、うかがってのお引き取り、送料がかかってしまいますが宅配便にてのお引き取りをしております。


ご本をお持込いただき査定をさせていただく場合
ご本をお持込いただき査定をさせていただき、代金にご納得いただけたらお引き取りをさせていただきます。せっかくお持ちいただいて、仕入れなどで不在などしておりますと申し訳ありませんので、お電話をいただければ助かります。営業時間であればいつでも結構です。北街道沿に車を停めていただければ、出し入れはこちらでやりますのでお申し付けください。また隣にコイン・パーキングがございますので、お時間のかかりそうな場合にはお使いください。

 

お宅までうかがってお引き取りをさせていただく場合
お宅までうかがってお引き取りをさせていただく場合、手数料などはかかりませんのでお気軽にお問い合わせください。その場で査定をさせていただくか、一度持ち帰って査定をしご納得いただければお引き取りをさせていただくか、どちらかご本の内容によってお話をさせていただきます。
県下全域いつでもうかがいます。


宅配便でお送りいただく場合
宅配便でお送りいただく場合は、代引きにてご本を送っていただきましたら、査定金額をお知らせいたします。ご納得をいただけた場合には銀行、郵便局等口座へお振込をさせていただきます。


代金について
店頭で販売できるものについてはその販売価格の2割から3割、それ以外の書籍につきましては金額についてお話をさせていただければと思います。また豪華本、古い地図、絵葉書や歴史資料などは別途お預かりをさせていただき、こちらで販売手数料をいただくということもさせていただきます。


ジャンルについて
お引越し、ご遺品のご整理などどんなご本でもお引取りをさせていただきます。まずはお気軽にお問合せください。よろしくお願いいたします。
お問合せtel:054-689-4455